ミックスジュースを時短で作りなおかつ美味しさを求めています。

差別化できないと…

「一番じゃないとやる意味がない」

一般向けに販売するにあたりこれは譲れませんでした。

自分で一番と思えない商品を広めたくないし、広まらないと思ったからです。

 

そこで喫茶店やジューススタンド、果物屋など様々なミックスジュースを飲みまくりました。

もちろん全てのミックスジュースを飲んだわけではありませんし、私の個人的な意見ですが、これならいけると思いました。

製造企画者ではないので、第三者目線でミックスシロップを厳しく判断しました。

そして、自分の舌だけではなく客観的な意見も聞こうと気を使わなくていい友人に率直な意見を求めました。
サンプルで持参したMJを飲み干した後

「これいくら?買いたい。」

と言う声や

元々ミックスジュースの味が嫌いで飲みたくなかった友人も

「これは違う!」

と美味しく飲んでくれました。

自分の感覚は間違ってなかった。
そう確信しました。

ブログに戻る