飲料の匠の軌跡❷

匠は喫茶店に営業に行くが

「うちのミックスがまずいって言うのか」

「シロップなんて邪道や」などと言われ、なかなか採用してくださる店はない。

視点を変え居酒屋に営業に行った。

「居酒屋でミックスなんて売れるはずがない」と断られるが、匠は何度も足を運び力説する。

「そこまで言うなら置いたるわ」

匠の諦めの悪さが功を奏した。

 

居酒屋でミックスという物珍しさとミキサーを使わず時短できるにも関わらず、お客様からのうまいという評価を得ることができ、その店のヒット商品となった。

注文が増え、毎日のようにミックスシロップを製造し休日に製造することも日常茶飯事だった。

それから約20年、ここで問題が発生する。

受注に対して生産がおいつかない。

弊社独自の製法でひと手間も二手間もかけることにより『うまさ』を引き出しているので大量生産ができない。

嬉しいことではあるが、生産と注文のバランスが取れなくなってしまった。

 

どこかの作業を抜いたり簡易化することで生産性は増すが、味が劣ってしまう。

味に妥協はしたくない。

「味に妥協はできない」「大量生産はできない」とできない尽くしとなってしまった。